目に良いフルーツ、その理由とは

目に良いフルーツとして人気のブルーベリーですが、その主となる成分が「アントシアニン色素」と呼ばれるものなんです。
これは、水溶性のもので身体に馴染みやすいとも言われているんです。
...といっても、中々ピンと来ないものですよね。

アントシアニンとは皆さんもご存知のポリフェノールの一種なんです。
その中でも特に目の健康をキープするのに役立つとも言われているんです。
そればかりではなく、目そのものが持つ力を回復させてくれるという効果も期待できるんですよ。

目に良いフルーツは体内でどのような影響があるの?

目の疲労や加齢というものに大きく影響している「ロドプシン」と言うものが体内には存在しているんです。
健康な状態が維持されていると、このロドプシンが分解再合成されますので目のトラブルと言うものを感じずにすむのです。
しかし、加齢やその他の事由によって上手く働かなくなってしまうと、目の疲れがたまってしまったり場合によっては「目がチカチカする」ですとかかすみ目などといわれる状態に陥ってしまうのです。

目を酷使している方はもちろんですが、加齢などでも進んでしまうのでおじいちゃん・おばあちゃん世代の方々も目に何らかのトラブルなどを感じている方も多いのです。

アントシアニンは、このロドプシンを活制化させてくれて機能をスムーズに働かせてくれる効果があるんです。
人によって効果の出方は様々ですが、場合によっては視力が回復したなんていうケースもあるんですよ。

目に良いフルーツはどんな人でも摂取可能か

ブルーベリー 上記の効能などを見ていると「目のトラブルを感じたときに」体内に取り込めばよいと考えてしまいがち。
もちろん、そのようなスタンスでも構わないのですが成分を考えるとそればかりではなく「予防」という方法でもその成分は有効的に働いてくれるんですよ。
ですから、日頃から目を酷使している方でも健康をキープしたいという方でも積極的に摂取をすると良いかと思いますよ。

お子様からおじいちゃん・おばあちゃんまで皆さんで摂取していただくことが出来るものとなっています。