ブルーベリー成分として有名なもの

先ずは「アントシアニン」について。
ブルーベリーといえばこれ!という方もいらっしゃることでしょう。
抗酸化作用があると言われていて、眼精疲労や体内の正常化というものに一役買っています。

そして「ポリフェノール」です。
赤ワインというイメージもあるかもしれませんが、ブルーへベリーにも含まれているんです。
アントシアニン同様に抗酸化作用というものもありますが、こればかりではなくアンチエイジングなどにも効果があります。
若さをキープしたいというかたも、高齢の方が健康を維持したいという時にも良いですね。

ブルーベリー成分の中にはビタミン類もたっぷり

ブルーベリー成分は、多くのビタミン類が含まれて居ます。
目を全体的にフォローしてくれる「ビタミンA」。
ドライアイなどにも効果があるといわれているのです。更には風邪予防などにも効果があるといわれていますので幅広い方に対応できるビタミンとも言えるでしょう。

そして「ビタミンE」も。
細胞をスムーズに動かしたり細胞膜を保護するという力があるビタミンなんです。
美容にも良いビタミンということで知られている部分も大きいものとなっています。

ブルーベリー成分はお腹にも

ブルーベリー ご存じない方も多いようなのですが、ブルーベリー成分の中には食物繊維というものも含まれているんです。
便秘気味だという方はもちろんですし、冷え性などといった症状にも効果を発揮してくれることでしょう。
加齢によって食物消化を助けたいなどという時にも良いですよね。

ブルーベリー成分には緑黄色野菜と同じものも

にんじんやほうれん草などというイメージが強い「ベータカロテン」もブルーベリーには含まれているんですよ。
こちらも抗酸化作用があると言われている食品の1つです。
また、口内炎などが出来てしまう...なんていう方にもベータカロテンは効果があるといわれているんです。
健康ばかりではなく、カロテンはアンチエイジングにもまた効果があるといわれていてホルモンの活性化にも繋がるとも考えられていますので、性別や年齢を問わずに摂取したい栄養成分でもあるのです。